タイムカードと勤怠管理

###Site Name###

勤怠は賃金を計算する時間数でもあり、各個人ごとに時間を管理するという必要があります。

賃金の計算や時間管理をするためには出勤時間や退勤時間などの時刻を集める必要があります。

これまで紙でできたタイムカードを使用していました。

これはタイムレコーダーにタイムカードを挿入するとその日時が打刻されるのです。


しかしタイムカードで勤怠管理をするためには出勤と退勤の時間から時間数を計算しなければなりません。
休憩の時間もあるのでそれら差し引きした上で時間を計算します。

離れた拠点があるような場合はタイムカードを集めなければなりません。

例えばいろいろな拠点に店舗があるような場合があります。



また店舗の場合は変形労働時間制を採用していることもあり、シフトと呼ばれる予定の時間と見比べて計算をしなければなりません。

これを人事などでチェックして計算をするためにはかなり労力が必要となります。


情報をあつめて内容をチェックして計算をするという作業ができて勤怠管理を行うことができるようになります。


ただタイムカードの場合はリアルタイムに勤怠管理ができているという状態ではありません。

コトバンクに関連した書きかけ項目です。

すべての情報をあつめて内容をチェックして計算をしてから管理ができることになります。

そのため残業時間が多くなっていても働いている本人から申請がなければわからないといった事態にもなりかねません。
1ヶ月集計した結果とても多く残業をしていたということにもなるため、勤怠管理はリアルタイムに情報が集まる方がいいでしょう。